イメージ画像

冷え性改善対策法

冷え性を改善するには、生活習慣や食生活を改めることが大切です。

体を温める食品を摂取する

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える働きがあるため、身体を温める効果があると言われています。ビタミンB1は、豚肉、マグロ、ゴマ、ほうれん草、レバー、イワシなどに豊富に含まれています。

ビタミンEは、血液をサラサラ効果があるため、毛細血管を拡張し血行を促進します。ビタミンEは、イワシ、カボチャ、ほうれん草などに含まれています。

一方、夏の野菜、暑い地方で採れる作物、加工食品などは身体を冷やします。もちろん、冷たい食べ物や飲み物なども冷えにはよくありません。

身体を温める

身体を温めるには、シャワーだけで済ませるのではなく、ゆっくり時間をかけて湯船につかってください。できれば、ぬるめのお湯に長時間浸かることをお勧めします。

それから、適度な運動も身体を温めるためには有効です。週に2,3回ほど、30分以上継続して運動すると良いでしょう。ウォーキングやヨガなどで十分ですので、無理なく続けられる方法を見つけてください。

また、足の裏が冷えると、内臓まで冷えてしまうため、冷え性の方は靴下を履いて、足の冷えを防ぐようにしてください。

最後に、冷房は身体を冷やす原因となりますので、冷房はなるべく避けるようにし、もし冷房に当たる場合は靴下やひざ掛けで対策するようにしてください。

タグ

2013年8月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:冷え性

冷え性改善グッズ

冷え性改善グッズといえば、身体を温めるものを思い浮かべる方が多いことでしょう。

実際に冷えに悩まされている方は、何らかの冷え性改善グッズを利用しているのではないでしょうか。

人それぞれ冷えに悩まされる場所や症状が異なるため、さまざまな用途の冷え性改善グッズが用意されています。グッズの使用法といえば、冷えが気になる部分に冷え性改善グッズを用いて、温めていきます。

例を挙げれば、足の冷えが気になる場合、靴下を履いたり、レッグウォーマーを身に付けるなどといった方法があるでしょう。

また、むくみが原因で足が冷えることもありますので、足を暖め、血行を促進することも大切です。もし、血流を改善する目的であれば、締め付け感のある靴下や、レッグウォーマーはお勧めできません。

それから、カイロも冷え対策にはおすすめです。

お尻の上の部分には血流が集まるポイントがあるため、ここにカイロを当てると血流が改善され、冷えの症状も軽減できます。カイロであれば、コンビニやドラッグストアで手軽に購入できるため、冷えに悩まされている方は試してみると良いでしょう。

その他にもたくさんの冷え性改善グッズがありますので、情報収集して、自分の症状に合った冷え性改善グッズを見つけられると良いですね。

タグ

2013年8月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:冷え性

冷え性の治し方

冷え性を治すには、血行を促進することが最も効果的であることが医学的にも立証されています。両手首から二の腕、両足首から膝関節に冷えを感じる方は多いようですが、女性には腰が冷えるケースも多くなっています。

また、下腹部が冷えると、下痢を起こしやすくなり、身体が病的に痩せてしまう原因となります。

そのため、全身の血行促進を図ることで、冷えを改善していくことが大切になります。

冷え改善のためには、栄養バランスの良い食事、軽く汗ばむ程度のウォーキングなどの適度な運動が最も有効です。

それから、冷え改善のためのサプリメントの活用も推奨されています。

特に、全身の冷えの改善には、生姜、蜂蜜およびミルクが非常に効果的です。

生姜は、昔から冷え性改善に有効な食品の代表と言われてきました。それから、海草にも冷えの改善に有効な成分がたっぷり含まれているとのことですので、海産物を積極的に摂ることも冷え性改善には必要です。

もし、身体の末端部分、腰部や下腹部の冷えがなかなか改善できない場合、病院を受診して体質を調べてもらい、適した漢方薬を処方してもらうのも良いでしょう。

このように冷えの治し方にはさまざまな方法があります。

タグ

2013年8月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:冷え性

冷えに効くサプリ

冷え性に効果的なサプリメントはたくさんありますが、その多くは長期間継続して効果が実感できるものとなっています。

血行促進効果

冷え性のほとんどは、血行が悪くなることが原因となっているため、血行を良くするためには、EPA、DHAなどといったN-3系脂肪酸、血管閣僚作用を持つアルギニン、イチョウ葉エキス、ビタミンEなどが配合されたサプリメントを摂取することをお勧めします。

代謝を促進する

女性は、ダイエットなどで食事制限をすることで、エネルギー不足に陥り、冷え性になるケースも多いようです。

タンパク質には体温を挙げる作用があるため、プロテインを飲んだり、マルチビタミンやマルチミネラルでエネルギーを補給することで冷えを防ぐことができるでしょう。

また、身体を温める作用のあるショウガなどもお勧めします。

サプリに頼りすぎない

サプリメントは医薬品ではなく、栄養補助食品であるため、サプリメントだけ飲み続けたからといって冷えがすぐに改善できるとは限りません。あくまでも冷え性を改善するための補助的なものと考えてください。

そして、早寝早起き、お風呂でゆっくり温まる、十分な睡眠、適度な運動、バランスの良い食事などの生活習慣の改善も大切です。

正しい生活習慣にサプリメントを加えることで、冷え改善効果が高まります。

タグ

2013年8月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:冷え性

足の冷え性はどうする?

足が冷えやすい方

男性よりも女性の方に足の冷えを訴える方が多くなっています。特に女性は皮下脂肪が多めであるため、熱が身体の内部まで伝わりにくいからです。また、自律神経のバランスが乱れている方も足が冷えやすくなっています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、お互いがバランスよく働くことで、調和しています。交感神経が働きすぎると、皮膚の血流が少なくなり体温が低下します。

交感神経の働きは人それぞれ異なっており、交感神経が敏感に反応する方は、冷えやすい傾向にあります。

ただ、自律神経のバランスが悪くなると、それほど寒くない場合でも、交感神経が過剰に働き、手足が冷えたり、逆にのぼせたりすることがあります。

足の冷えの対策法

足の冷えが気になり、なかなか寝付けない、あるいは、身体の調子が悪くなるという方は少なくないようです。

足の冷えが気になるのであれば、ふくらはぎの筋肉を刺激することをお勧めします。特に、ウォーキングはお勧めで、早歩きなどでふくらはぎの筋肉をできるだけ動かす雇用にしてください。

そして、足が冷える方は、ハイヒールやブーツは出来るだけ避けるようにしてください。いうのは、ハイヒールを履くと、ふくらはぎの筋肉が伸縮しにくくなるからです。また、ブーツはふくらはぎを締め付け、血行不良の原因となるので注意してください。

それから、足の指を動かすことで、足の冷えを緩和することができます。

タグ

2013年8月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:冷え性

このページの先頭へ